スタディーグループGPOが発足して10年を迎えました。


毎回の会員の先生方の症例発表により、様々なディスカションを通し勉強しています。

 

GPがなぜ矯正治療を学ぶか?

GPは総合力が問われます。

患者に対して、例えば、歯周治療だけの知識、インプラントだけの知識、だけでは良い治療を提供できません。

同じ意味で、矯正以外のことも理解できる”臨床のプロ”のGPが、矯正治療を理解し、コントロールできることは大きな意味があります。


おかげさまで、会員数も増え130名を超え、
皆様のご期待を強く感じております。

会員発表とともにミニレクチャーという形態をとって、
毎回皆様に何か小さなお役に立てる情報を考えてみたいと思います。

今年も矯正治療を臨床導入される先生方のバックアップに力をいれ、
相談の形式も取って行きたいと思います。

全く知識が無くても矯正に興味がある先生、これからも矯正治療の腕を上げていきたい先生は、一緒に学びましょう。

ご参加をお待ちしております。


 (GPO=Genaral Practitioner‘s Orthodontics:

          一般開業医のための矯正歯科)

              代表 米澤大地

            

メモ: * は入力必須項目です

米澤歯科醫院 GPO担当・多田/成田

※メール後、2日以内にGPO事務局より連絡がない場合は、

 090-6988-5574(成田)までご連絡ください。

※hotmail、yahoo!メールはこちらからのご連絡が届かない場合がございますので、別のアドレスをお使いください。